トップページ > 企業情報 > 沿革

企業情報

CSR
  • GCIグループのSDGs
  • 株主様への取り組み
  • お客様への取り組み
  • 環境への取り組み
  • 地域・社会への取り組み
  • 従業員への取り組み

お問い合わせ

企業情報に関するお問合せを電話およびメールにて受け付けています。

本社
〒370-0032
群馬県高崎市宿大類町700番地
TEL 027-353-1818 (代表)

お問い合わせ・資料請求

Adobe Reader

Adobe Reader

群栄化学のホームページに収録されているPDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
アイコンをクリックしてAdobe社のダウンロードページから最新版を入手してください。

企業情報

沿革

1946年 1月
群馬栄養薬品株式会社を設立、ぶどう糖の生産を開始。
1951年 9月
工業用フェノール樹脂の生産開始。
1953年 6月
商号を群栄化学工業株式会社に変更。
1955年 7月
中央区日本橋(現・中央区京橋)に東京営業所(現・支店)開設。
1960年12月
大阪市北区に大阪営業所(現・支店)開設。
1961年 4月
高崎市大八木町にフェノール樹脂工場及び澱粉糖類工場新設。
1963年 2月
本社を高崎市大八木町に移転。
1964年 3月
名古屋市中村区に名古屋営業所(名古屋支店)開設。
1971年12月
群栄商事株式会社を設立。
1974年 5月
株式を東京証券取引所市場第二部に上場。
同年同月
群栄興産株式会社を設立。(現・関連会社)
1976年 8月
高崎支店開設。
同年10月
滋賀県甲西町(現・湖南市)にフェノール樹脂工場(現・滋賀工場)新設。
1979年10月
株式を東京証券取引所市場第一部に上場。
1982年 3月
北海道砂川市に異性化糖工場(砂川工場)新設。
同年同月
日本カイノール株式会社を設立。
同年 4月
高崎工場内にカイノール工場を新設し高機能繊維「カイノール」の生産開始。
1987年 7月
米国ボーデン社と合弁出資によりボーデン式鋳造法によるシステム販売を目的とした群栄ボーデン株式会社を設立。
1988年10月
砂川工場(異性化糖工場)閉鎖。
1989年 1月
高崎市宿大類町に澱粉糖類工場(現・群馬工場)新設。
1990年11月
日商岩井株式会社(現・双日株式会社)及びタイ王国ブライトン社他と合弁出資により、タイ王国にフェノール樹脂の製造販売を目的としたThai GCI Resitop Company Limitedを設立。(現・連結子会社)
1992年 5月
本社を高崎市宿大類町に移転。
1997年 3月
群馬工場内にフェノール樹脂工場新設。
同年10月
株式会社ビッグトレーディングを設立。(現・連結子会社)
1998年 5月
ISO9002認証取得(現・ISO9001)
1999年 6月
ISO14001認証取得
2005年 4月
株式会社羽鳥研究室を設立。
2008年 6月
株式会社羽鳥研究室を解散。
同年 9月
群馬工場内にカイノール工場新設。
同年12月
高崎工場(フェノール樹脂工場・カイノール工場)閉鎖。
2009年 4月
群栄商事株式会社、群栄ボーデン株式会社及び日本カイノール株式会社を吸収合併。
2010年 3月
名古屋支店閉鎖。
2012年 7月
株式会社三栄シリカと合弁出資により、インド共和国にRCS(レジンコーテッドサンド)の製造販売を目的としたIndia GCI Resitop Private Limitedを設立。(現・連結子会社)
2013年10月
FSSC22000認証取得 (登録範囲:澱粉糖製品の製造)
2014年 4月
東北ユーロイド工業株式会社の株式を取得。(現・連結子会社)
2018年 8月
American GCI Resitop, Inc.を設立。(現・連結子会社)

企業情報に関するお問い合わせ

本社
〒370-0032
群馬県高崎市宿大類町700番地
TEL 027-353-1818(代表)

お問い合わせ・資料請求