トップページ > 製品・ソリューション一覧 > レーザー焼結(SLS)用砂材料

レーザー焼結(SLS)用砂材料 s-RPnano

  • 特長
  • 詳細

レーザー焼結(SLS)用砂材料

特長

レーザー焼結法(SLS法)※1に特化したEOSINT-S※4用材料s-RPnano(sphere for Rapid Prototyping system with nano-technology) を使用することにより、高精度の鋳型(中子・主型)がCADから木型・金型レスでダイレクトに造型できます。勿論、造型した砂型を使用して高品位な鋳鉄、アルミ鋳物が鋳造可能であり、自動車エンジンの開発をはじめとする試作※2や少量多品種の鋳物生産に貢献しております。

※1:材料を約0.1~0.2mm厚に薄く散布し、レーザーを走査する事により材料同士を接着させ、これを繰り返す事により砂型がCADデータからダイレクトに造型されます。 ※2:木型・金型レスにより試作工期は大幅に短縮されます。
レーザー焼結法(SLS法) V6/4valve エンジン シリンダヘッドの試作製造工期
(※1、※2:株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ殿提供資料より)
詳細を見る
詳細
s-RPnanoはレーザー焼結のシステムメーカーであるEOS社※3に認められ、ガス発生量が少なく、表面平滑性に優れる事を本場ドイツで紹介されています。

また、国内のユーザーからも同様の高い評価を受けております。
現在、弊社製材料の使用によりレーザー焼結装置の導入、もしくは増設に至った実績が国内だけでも数社ございます。

表1 面粗度と寸法精度※5※6
材料 Ra 鋳物寸法精度
RP-700 10 ±0.1mm
他社品 30 ±0.5mm
(参考)自硬性鋳型 8 ±0.1mm
Ra:アルミ鋳物の面粗度
図1 ガス発生量※6

ガス発生量は従来よりも大幅に少なくなっており、量産のシェルモールドに近いレベルに有ります。
s-RPnanoラインナップ※6
品名 粒度指数
(AFS)
特長
RP-4 95-110 ガス発生量低減
RP-700 130-150 面粗度向上、ガス発生量低減

上記グレード以外に、数種ユーザーニーズを受け開発中です。

※3:EOS=Electro Optical Systems GmbH(本社ミュンヘン)
※4:EOSINT-S: EOS製レーザー焼結装置(砂型造形用装置)
※5:サンプルは全てEOSINT-Sで造型したものです。
※6:数値は代表値であり、性能を保証するものではありません。
  • 特長
  • 詳細

本製品・ソリューションに関するお問い合わせ

開発本部RPプロジェクト(荻野)
〒370-0032
群馬県高崎市宿大類町797番地6
TEL 027-353-1800(代表)

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ

本製品・ソリューションに関するお問合せを電話およびメールにて受け付けています。

開発本部
RPプロジェクト (荻野)

〒370-0032
群馬県高崎市宿大類町797番地6
TEL 027-353-1800 (代表)

お問い合わせ・資料請求

Adobe Reader

Adobe Reader

群栄化学のホームページに収録されているPDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
アイコンをクリックしてAdobe社のダウンロードページから最新版を入手してください。